湯けむり漂う風情あふれる温泉街に湧く古湯


伊香保温泉


群馬県渋川市


万葉の時代から人々に愛されてきた温泉地。戦国時代には、負傷した武士が傷を癒やしていたそうです。源泉は硫酸塩泉で茶褐色の「黄金の湯」と無色透明なメタけい酸単純泉「白銀の湯」のふたつ。シンボルの「365段の石段」の両側に、温泉旅館やみやげ物店、飲食店などが立ち並び、温泉街の風情が漂っています。


● 関越自動車道渋川伊香保IC→約9km


● 0279-72-3151(渋川伊香保温泉観光協会)


  • コメント: 0

関連記事

  1. 赤城クローネンベルク

  2. かみつけの里博物館

  3. 別府温泉

  4. 登別温泉

  5. 道の駅 川場田園プラザ

  6. かみつけの里博物館

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。